アジラボ

タイ移住で失敗/悲惨な目に!?ムリなくタイ生活を楽しむ方法

この記事の内容

タイ移住でよくある失敗は?

いいところばかり見てタイ移住したけど現実に直面する

「月5万円で生活できる?」など、タイ移住生活は楽チンだよといった情報も出回っていますが、そういった表面ばかりに踊らされると、やはり来てみて色々と現実に直面することも多いです。

例えばタイ移住歴が長かったり、もともと海外になれている人だったりすれば、よっぽど切り詰めていけば可能かもしれませんが、今まで日本での暮らしをして来た人がいきなりガラッと生活を変えるのは簡単ではありません。例えば最初の1ヶ月くらいは旅行しているような新鮮な感覚でできたとしても、「タイ旅行しにくる」のと「タイに移住する(働きながら生活する)」のは全く違ってきます。

タイ現地のスタイルに順応できない(食事・文化・衛生面 などなど)

いくらタイが日本人に住みやすい国であっても、違う国・環境なわけですから、誰しも来た当初は戸惑うことも多いはずです。

例えば、食事が口に合わない場合。特にタイは日本に比べて辛くて脂っこかいものが多かったり、パクチーの香草など苦手な方も多いと思います。もともとタイ料理好きだった筆者も、旅行の時はあんなに美味しくて毎日食べてもいい!と思っていたタイ料理に、移住後2週間で飽きたり、お腹を壊したり

それと、仕事のスタイル・考え方が合わないなども多いです。日本では当たり前だったことがタイでは全く当たり前ではないことに戸惑ったり、タイ人スタッフと全然信頼関係が築けなかったり、自分はちゃんと戦力になれてるんだろう?と自分を責めてしまい、ストレスを抱えることも。

海外移住生活の「孤独」に負けてしまう

これは本当に海外生活のあるあるです。

病気をした時、本音で腹を割って話せる友達がいないと感じる時、家族や恋人と疎遠になってしまったり孤独に襲われることは思ったよりも多くやってきます。結局近くに相談できる人がいない中で一人でストレスを抱え込んでしまい、精神的に耐えられなくなって日本へ帰国。なかなか表には出てこないですが、これが原因で海外生活を断念するケースは本当に多いです。

 

タイ移住での失敗/悲惨な目に合わないための対策​

無理をしすぎない(特に移住したての頃は)

日本からタイに現地採用として来る場合は、基本的に物価水準が下がって収入額も下がるので、将来大丈夫なのか?日本に戻ってやっていけるのか?という不安はつきまとうものですよね。かと言って慣れない環境の中でストイックに節約生活に挑むと、知らず知らずのうちにストレスをためてしまうことも多いです。なので、まずは「タイでの生活に慣れること」を優先しましょう。

人間は時間がたてば環境に順応していける生き物ですし、最初はストレスだったことも徐々に気にならなくなってきます。そして同時に自分はどこにお金を使うべきか?というのも少しずつ見えてきます。最初にストレスをためてタイ移住を早々に断念してしまわないように、ある程度生活のリズムを作ってから、無理のなく節約して行きましょう。

コミュニティに所属する(最初はみんな孤独だった)

もともと人付き合いが得意な人は良いですが、人見知りや緊張しいの人にとっては、新しいコミュニティに入っていくのって勇気がいりますよね。僕自身も大人数で群れるのが得意ではないのでその気持ち、よくわかります。

ただ海外の日本人コミュニティに顔を出して思うのは、「意外とみんな孤独」だということです。どんなにリア充に見える人も同じです。なので日本のコミュニティと違うのは「みんな同じ境遇なのでお互い共感しやすい・受け入れてもらいやすい」ところです。日本にいた仲間と会えない、家族や恋人と別で暮らさなければならないなど、新しい環境でゼロから人間関係をスタートさせなければいけないのはみんな一緒なのです。だから、ハードルを上げずに安心して顔を出してみるといいと思います。

 

ネット上の情報だけを鵜呑みにせずリアルな実体験を

ネット上でのリサーチだけではリアルは拾いきれないので、経験者のリアル体験談を聞くことが重要です。そして海外生活のキラキラしたいい部分ばかりではなく、しっかり耳の痛いことも話してくれる人を見つけ、相談するようにしましょう。僕自身も海外に出てくるときも本当に苦労しました。ネットの情報は限られているし、周りに相談する先輩もいない。

そこで、同じような状況で悩んでいる人の力になりたいと思い、「海外就職・海外移住の個別相談窓口」を始めました。しっかり “リアルを本音で” お話しすることが一番大事だということを身に染みて感じているので、「タイに行きたいけど情報が足りず判断できない」とか「今タイにいるけどなかなか先が見えない」など、今悩んでいる人はぜひ声をかけてください。

 > 個別相談の詳細はこちら

具体的に仕事を見つけたい場合​

また、もし既にタイ就職を具体的に検討していて実際に求人紹介をご希望の際は、キャリアコンサルタントとしてご要望に合わせてオーダーメイドの求人リストを作成しご紹介することも可能です。また履歴書の添削、面接対策等にも力を入れていますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA