『アジラボ』とは?

我々アジラボの思い

"「海外に出る」のその先「海外で生きる」人の羅針盤" を創りたい

海外に出ることはあくまで一つの手段でしかなく、目的はもっと先「自分らしく、幸せな人生を送ること」であるはずです。

そんな幸せな海外生活/キャリアを実現する上で足りていないのは、「ロールモデルとなる多様な事例と、身近に相談できる場所・コミュニティ」。

それも、すごい人の武勇伝という「結果」よりも、ちょっと手を伸ばせば届きそうな人が、もがき苦しみながらも前へ進む人間臭い「過程」ではないだろうか。

我々のミッションは、アジアという地に一歩踏み出し挑戦している「先駆者」を多く巻き込み、多様な事例をコンテンツ化することで、少しでも多くの「未来の挑戦者」に届けていくこと。

そしてこの輪を大きくし、そのまた未来の挑戦者に情報を届けていくサイクルを作ること。

「我々アジラボの発信する情報やコミュニティが、これから海外で人生をつくっていく上で必要不可欠なものだ」

そう思って頂けるような域を目指したいと思っています。

一緒にこの取り組みに携わってくださる方、インタビュー取材を受けてもいいよという方、ぜひ一緒にこの輪を大きくしていきましょう!

~アジラボ運営メンバー一同~

運営者プロフィール

レギュラーメンバー

リョータ
リョータ

アジラボ編集長

【略歴】タイ・バンコク在住。海外(アジア)在住歴は5年目。20代で4カ国勤務を経験。立教大学経営学部を戦略的5ヶ年計画で卒業。大学で目標を見失いかけた時、一念発起しバックパッカーとして東南アジアを周遊&インドにて開発インターン。「海外で働くこと」に目覚める。
新卒でNTTコミュニケーションズ就職後、インドのムンバイへ1年間のトレーニー派遣を経験。激しいインドの洗礼を乗り越え日本へ帰還するも、モヤモヤを抱える日々。悩んだ末にアジア就職を果たし、戦略コンサルティング企業ドリームインキュベータグループにて、タイ&ベトナムに約3年間勤務。現在は当メディア編集長&キャリア支援を行い、海外就職/キャリアについて発信を行う。

【キャラ】

  • 右脳派の元戦略コンサルマーケター
  • 30過ぎても独身ピーターパン症候群をこじらせ中

【メディア】

こうき

アジラボ運営メンバー/プロデューサー

【略歴】タイ・バンコク在住。早稲田大学理工学部卒。大学時代はプロキックボクサーとして活動後、新卒で大手広告代理店に入社。主にスポーツに関わるビジネスに従事。その後ベンチャー企業へ転職し、有名格闘家のマネージャーとして活躍。その後、長年思い描いた「海外で勝負する」を実現するべく、タイへ移住。現在はイベント事業を行う企業に所属しながら、海外キャリアを切り拓いている。

【趣味・特技】世界のB級グルメ巡り、ブラジリアン柔術

【メディア】

ヒロ

アジラボ運営メンバー/プロデューサー

【略歴】タイ・バンコク在住まもなく5年目。明治大学政治経済学部卒。新卒で映画業界に入り、3年目で念願の映画制作に携われることになり調子付くも、猛者プロデューサーたちに根本から叩き直される。その後改心して仕事に励み、一つの目標だった海外赴任が決まりバンコクへ。現在はタイやアジア諸国(ベトナム、マレーシア、台湾)向けの映像企画やメディアプロモーション業務を行いながら、「駐在員」「現地採用」という枠に捉われない海外キャリアに可能性を感じ、キャリアモデルを探し回っている。

【特技】タイ語

【メディア】Instagram(タイ人向け観光情報)

準レギュラーメンバー

けんた

キャリアコンサルタント

【略歴】タイ・バンコク在住。同志社大学経済学部卒。新卒で大手証券会社に就職。大手人材紹介会社を経たのち、アデコタイランドへの入社とともにタイへ移住。

タイでの日本人紹介1本で約8年間の経験を有し、豊富な知見と、真っ直ぐ求職者に向き合う姿勢から、求職者からの信頼も厚い。「タイでの転職活動を始める際はまず一番にけんたさんに相談する」そんな求職者の方もいるとか。

だいじゅ

キャリアコンサルタント

【略歴】立命館大学法学部を卒業後、日本の大手人材サービス会社にてコンサルタントとして入社。2015年よりタイにて、日本人のキャリアアドバイザーとして東南アジアへの就職サポートを行う。

【趣味・特技】トレイル ランニング、トライアスロン

ひかる

インターン(ブログ担当)

【略歴】京都の私立大学に在学中。京都では外国人観光客をボランティアで案内するサークルに所属。その後、日本の英語教育及び奨学金問題などに関心を持ち、視野を広げるためにヘルシンキ大学教育学部 (フィンランド) テュービンゲン大学(ドイツ)に計半年間留学。ヨーロッパ周遊を経験後、当インターンに参加。

【目標】 各国で見てきたこと、経験したこととバンコクにおけるそれらを比較しながら多角的・客観的に執筆することを目標とします

りゅーちゃん
(ナット)

日本とタイ両国の国籍を持っているハーフ。大学を中退し就職口を探していたら、この会社に拾ってもらいました。ハーフとして自分にできることは何か模索の日々。

【座右の銘】本物がほしい