アジラボ

タイで車を購入・売却する際に気をつけることについて、クルマ相談窓口 佐藤さんに聞いてみた

タイは渋滞大国と言われるほど自動車が流通し溢れています。

日本よりも所得が低いタイで、これほど車が流通している一つの理由に

「タイでは日本よりも車の資産価値が高い」ということがあります。

タイは購入時の車両価格は高いですが、売却時も高く売ることができるので、

日本よりも割安で車を所有することができる国なんです。

車を安く経済的に所有するためには、

「高く売れる車を買う」ことや「高く買い取ってくれる業者を見つける」ことが

とても重要になってきます。

今回はタイの日本人社会で「車屋の佐藤」と言えば有名な、

“クルマ相談窓口”を運営する中古車の専門家の佐藤茂樹さんに、インタビュー形式で

タイで車を所有する際のお話を伺いました。

目次

プロフィール

佐藤茂樹

岡山県出身の1985年生まれ
2009年に東証一部上場の大手中古車販売会社に入社
2014年1月に日本の大手中古車販売店の駐在員としてタイに赴任
2018年に"クルマ相談窓口"の運営会社であるSato Holdings Co.,Ltdを創業し現在に至る。 タイに進出されている日系企業や一般ユーザーのの車両売買のサポートを行っている。

クルマ相談窓口に寄せられる主な相談は?

佐藤:日系企業様からは社用車として所有される車のご売却のご相談が多いです。

次の車への入れ替えや減車で車を売却される際にお声掛け頂くケースや、

一般のお客様から、車を購入したい、車を売却したいというご相談がメインとなります。

その他は、月極めのレンタカーや修理のご相談がメインとなります。

最近ではコロナの関係で、本帰国や長期の一時帰国などが多く、

車も売却のご相談が割合としては増えています。

タイで車を購入する際に注意すべきことを教えてください

佐藤:新車を購入する際には、1,2年で本帰国となる可能性が高い方は、所有している車両の値下がりに注意が必要です。

新車登録から1年目が一番大きく資産価値が下がってしまいます。

また中古車となったのちの人気車種を購入するかかどうかで資産価値に大きく影響が出てしまうので注意が必要です。

中古車を購入する際には、車両状態が良いものを購入することが1番のポイントです。

中古車は1台1台状態が異なるので、事故歴がないか、冠水歴がないかはもちろん、

前のオーナーさんのメンテナンス状況、またタイではLPG(ガス)で車が走れるように改造をするケースがあり、LPGを過去に搭載している車両の故障発生率が上がってしまう観点から資産価値が下がってしまう原因となるので、そういった車種を知らずに購入してしまわないように注意が必要です。

車に詳しい方でないと、なかなか判断が難しいので、ご購入される車両の捜索を代行をご依頼頂くケースが多いです。

タイで車を購入した後の維持費はどのような感じですか?

佐藤:購入後の維持費は日本と比べて割安です。

例えば、予想される費用としては以下のようなものが挙げられます。

  • 新車登録から7年後から発生する車検:200バーツ[約670円](年に1回)
  • 自賠責保険料:645バーツ[約2,100円](年に1回)
  • 年間の自動車税:2,000バーツほど[約6,700円](年に1回)※日本の軽自動車税
  • 車両保険付きの任意保険: 15,000 – 23,000バーツほど[約50,000円~約77,000円](年に1回)
日本での車の維持費 

ここで、比較として日本の車維持費の相場も見てみましょう。

あくまでも一例ですが、以下の表には、車のタイプ別に、それぞれかかる維持費がまとめられています。

表を見て分かる通り、全体の相場が違うのはもちろん、日本は駐車場代が高いですよね。

タイのコンドミニアムは駐車場が1部屋に1台付与されているところがほとんどですので、駐車場代金が家賃に含まれてるという点がポイントです。

タイで車を売却する際に注意すべきことを教えてください。

佐藤:やはり、ご売却前にその車両がどのくらいの売却価格が付くのが妥当なのかを事前に調べることが大切かと思っています。

日本にもあることですが、残念ながら業者さんによっては

相場よりも高い金額を提示し、

契約直前になって買取金額を下げて来られるケースもあります。

また過去には売却後に名義変更をしないまま、業者の方に車両を乗られてしまい

交通違反の切符が届いてしまうケースもお聞きしました。

信頼できる業者に売却をされることが大切です。

お車をご売却の際には、クルマ相談窓口のLINE@経由で

概算の買取価格についてご相談頂くことをお勧めしております。

ご自身のスマホでご売却予定のお車の写真(外装、内装、車検証、走行距離メーターなど)をお送り頂けましたら、お電話等で買取価格の概算をお伝えしております。

クルマ相談窓口が買取をさせて頂くケースが良い場合もありますが、

ドイツ車の買取に強い業者、ピックアップトラックの買取に強い業者など

買取車両のタイプを絞った専門店の方が高く買取をしてくれるケースもあるので

車種によっておすすめの売却先が異なる場合も多いので、アドバイスさせて頂きマッチングのサポートのお手伝いが可能です!

タイで車を購入を検討されている方へのアドバイスがありましたら!

佐藤:もしも3年や5年など、決まった期間のタイ生活をされる方には、

1ヶ月あたりいくらで車が乗れるのか?ということを考えられると、

車を所有することへの価値観が変わるかもしれません。

例えばコンパクトカーを月極めでレンタルする場合 12,000 – 14,000バーツ程[約40,000円~47,000円]の料金が相場となり、年間 150,000バーツ[約50万円]、2年で300,000バーツ[約100万円]、

3年で450,000バーツ[約150万円]となりますが、

タイの場合は400,000バーツ[約135万円]程で車を買った場合、

3年経過して200,000バーツ[約67万円]以上で売却できる車がたくさんあります。

維持費を加味しても車を所有する費用が

月々10,000THB[約34,000円]以下というケースもたくさんあります。

意外と思ったよりも安い!と思われた方は、

車があればより楽しく過ごせる、タイの観光名所は多々ありますので、

せっかくのタイ生活ですので色々な観光地などを周りながら思い出を作って欲しいと思います。

車があれば今まで行かなかった場所に気軽に行けるようになったり、

旅行のスケジュールがまったく違うものになったりするはずです ^ ^

クルマ相談窓口

タイ在住日本人専門
お車のご売却やご購入のご相談、 整備やメンテナンスに関することなど
お気軽にご相談ください

我々が長年培ってきたノウハウとネットワークでクルマを購入する、売却をする、修理をする、メンテナンスをする、保険の見直し、レンタカーを借りるなど車に関するご相談に対してワンストップで日本語対応で行い利用者の方に高品質且つスピーディなサービス提供いたします。

佐藤さんTwitter
YouTubeクルマ相談窓口チャンネル

 

アジラボチャンネルにて「タイの車事情」についても教えていただきました↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA