アジラボ

タイ移住にかかる費用をざっくりまとめてみた(初期費用・生活費)

「タイに移住の費用はどれくらいなのだろうか」「現地での生活費はいくらかかるのだろうか」

タイへの移住を考える際、気になるポイントの一つとして、必要資金や生活費用などのお金に関する心配があると思います。

初めてタイに住む方であれば、どれくらいの費用を見込んでおけば良いのかが分からず、悩む方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、タイ移住に関わる費用について、実際に移住した人の体験談を含めてまとめてみました。

Taishi

2015年からバンコク在住。WEBマーケティングの仕事をする傍ら、バンコクの生活情報や旅に関するブログを運営している。

目次

移住前と移住後にかかる費用を把握

タイ移住にかかる費用は、移住前と移住後の2つに分けて考えると、整理しやすいです。

移住前にかかる費用の例としては、不用品処分代・ビザ代・渡航費などがあります。

反対に、移住後にかかる費用としては、渡航後の滞在費・住居の契約費などがあり、生活するための維持費として、家賃・光熱費・インターネット代・食費・娯楽費などもかかってきます。

人によっては、教育費・アヤさんの雇用費・習い事の費用などもかかります

タイ移住前にかかる費用

現在住んでいるところを引き払ってから渡航する場合は、不用品の処分費用がかかります。

実家に住んでいる方などは荷造りだけで済むと思いますが、一人で暮らしている方の場合は、不用品の処分などを行う必要があります。

飛行機代に関しては、航空会社によって費用が変わってきます。

ANAやJALの場合は、片道3〜5万円です。AirasiaなどのLCCであれば、片道1〜3万円ほどで渡航できます。

航空券の費用は、各航空会社のWEBサイトやエクスペディアhttps://www.expedia.co.jp/)などの航空券購入サイトから確認することができますので、チェックしてみてください。

駐在として赴任する場合は、会社の方で渡航にかかる費用やビザ代を負担しているケースが多いです。

また、渡航後の就職先が決まっている場合に、その会社から渡航費の補助が出るケースもあります。

タイ移住後にかかる費用

住居が決まっていない方は、しばらくホテルに滞在されるかと思いますので、その滞在費用がかかります。

住居については、ほとんどの人がコンドミニアムに住むことになると思います。

コンドミニアムに住む場合は、最初の段階で大きく費用がかかることが多く

初回にかかる費用の内訳は一般的に以下の通りになります。

・デポジット(2ヶ月分)+最初の1ヶ月分の賃料

<例>
月20,000バーツ(日本円で約70,000バーツ)の部屋に住む場合は、デポジット(保証金)で40,000バーツと最初の1ヶ月分の賃料20,000バーツで、合計60,000バーツ(日本円で約210,000円)を支払うことになります。

コンドミニアム賃料の目安ですが、単身や2人暮らしであれば、20,000バーツ以下でも十分生活できる物件がたくさんあります。ほとんどのコンドミニアムは1年契約となっています。月の賃料が20,000バーツであれば、1年間で240,000バーツかかることになります。

多くのコンドミニアムでは、最初から家具・家電(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・電子レンジなど)が備え付けられていることが多く、すぐに住みはじめることができます。

駐在として赴任する場合は、会社の方で住居にかかる費用を負担しているケースが多く、寮など用意している会社もあります。

タイでの生活にかかる維持費

家賃

単身者であれば、家賃は月10,000バーツ〜20,000バーツくらいの間で十分生活できる部屋が見つかります。(1バーツ≒3.5円)

バンコクであれば、スクンビットやシーロムというエリアに住んでいる人が多く、この辺で部屋を探す方が多いです。

光熱費

コンドミニアムに住む場合、賃料と別で水道代と電気代がかかってきます。

タイの水道代は安く、単身者であれば、ほとんどの人が500バーツ(約1,750円)以内で済んでいるかと思います。しかし、タイの水道水はそのまま飲むことができないため、浄水器などの設置をする方もいます。浄水器は月1,000バーツ前後(約3,500円)かかります。

*飲料水は安く購入することができますので、浄水器などを設置するかは人によります。

電気代については、最低でも月1,000バーツ(約3,500円)前後になるかと思います。

インターネット代

インターネット代は、スマホと部屋のインターネット代がそれぞれかかり、両方合計して1,000〜1,500バーツ前後になるかと思います。

食費

バンコクにある日系の飲食店で食べる場合は、日本と同等またはそれ以上の食費がかかります。スーパーなどで売られている食品でも、日本以上の価格で販売されている物もあります。

反対に、ローカル市場・食堂・屋台・フードコートなどでは、現地価格(一食40〜50バーツ前後)でタイ料理を食べることができます。日本円にして150〜200円前後くらいです。そのため、タイ料理が好きでいろいろなお店に食べに行くような方であれば、食費はあまりかからないです。

習い事

タイに来た人が行く習い事の中で一番人気なのは、タイ語学校での習い事です。

タイの公用語はタイ語です。タイ語が話せることで生活しやすくなるため、多くの人がタイ語学校に通います。

学校に通う予定の方は、「タイ語学校 バンコク」などのキーワードでGoogleで調べてみてください。英会話学校のように、団体の授業やプライベートの授業があり、費用感も分かります。

娯楽費・交際費

娯楽費や交際にどれくらい使うかは人によります。会社に属している方であれば、飲み会などの機会が多少あるかもしれません。

*今回は単身の方を例にとりましたが、子供連れの方は上記の内容に加え、教育費・養育費などがかかります。また、人によっては「アヤさんの雇用費」などもかかってきます。

タイ移住経験者からのアドバイス

実際に移住をした方に、移住時にかかった費用について寄稿いただきました。経験者のリアルな情報となりますので、ぜひ参考にしてください。

【経験談①】Hirokoさんの場合

一人目はHirokoさんです。Hirokoさんは大手総合電機会社の総合営業職として3年半勤務した後、一念発起で単身タイ・バンコクへ渡航された方です。バンコクでは、現地で見つけた日系の会社で営業職を2年経験。2019年7月タイ・パンガン島にて、カフェ・イタリアンレストランLa Velaを開業しています。Hirokoさんにはタイ渡航の経験談について寄稿いただきました。

【タイ移住にかかる費用はいくら?】アラサー元OL Hirokoさんの場合

【経験談②】Koheiさんの場合

二人目はKoheiさんです。Koheiさんは大学卒業後に、大手保険会社に入社。3年弱働いた後に、「海外で働きたい」という思いを果たすために渡タイされた方です。現在は、バンコクのIT系企業にて勤務予定です。Koheiさんにはコロナ禍での渡航費について寄稿いただきました。

【最新情報】コロナ禍でのタイ渡航費とASQホテルの様子(26歳現地採用 Koheiさんの場合)

まとめ

今回は、タイ移住に関する費用についてまとめました。実際にお金がどれくらいかかるかは、人によって異なりますので、一概に言い切れないことが多いですが、渡航検討の際のご参考になれば幸いです。

 

アジラボでは今後も少しでも多くの経験談を集め、リアルな費用感が分かるようなコンテンツを発信していきたいと考えています。


アジラボでは、定期的にタイでの最新求人も紹介していきます。以下の公式LINEを友達追加いただくと、あなたに合った求人が入り次第、自動的に求人情報をお届けします。

就職・転職をご検討中、求人を紹介して欲しいという方はぜひご登録ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA