アジラボ

【タイ移住と仕事探し】未経験でも就職できる?仕事の種類と探し方を解説

「一度は日本以外の国で働いてみたい」「旅行で好きになった国で暮らしてみたい」

この記事を読んでいる方は海外移住、タイ移住というのは少なからず憧れている方も多いのではないかと思います。ただ現実問題、タイに限らず海外移住する上で誰もが一番気になるポイントは「ちゃんと生きていけるか?」「仕事があるか?」というリアルな現実なのではないかと思います。

今回はタイ移住を少しでも考えている人に向けて、

  • 自分は仕事が見つけられるの?
  • 実際どんな仕事があるの?
  • どうやって見つかればいいの?

という疑問にお答えしていきます。

この記事の内容(目次)

タイに移住したい!「未経験・語学なし」でもできる仕事はある?

結論、経験や語学力がなくてもタイに移住し、働くことは可能です。実際にそういった方もたくさんいます。

もちろんスキルや経験はあったほうが選択肢は広がるのは確かです。例えばタイの場合、製造業関連のエンジニアやITエンジニア、あとは会計や財務など何かしらの専門性があったり、「タイでも需要があって、能力の高い人」は高待遇がでやすいのは事実です。

でも、タイに移住し仕事を見つけたい人みんながみんな、高い専門性を持っているわけではないですよね。まだ社会人歴の浅い若い人もいれば、これまでいろんな仕事を転々としてきた方など、さまざまです。そういったように特に経験やスキルがない場合、最初から高待遇が出る可能性や自分で選べる選択肢は減るものの、それでも必要とされている仕事、できる仕事は多くあります。

 

タイ移住したての日本人にはどんな仕事が多い?

タイは製造業の国とも言われ、昔から日本の自動車メーカーをはじめ、家電や電子部品など、多くの日系メーカーが進出しています。よって、このあたりの業種には日本人の需要も多いです。中でも未経験でも採用される可能性が高い仕事として上がるのが、「法人営業」

営業というと、”営業スキルや語学力が必要なんじゃないの?” と思われがちですが、タイでの営業では多くの場合、日本人がお客様になることが多いです。そうすると語学力よりも「日本人らしいコミュニケーションができるか?」という点が求められるため、他の仕事に比べると海外未経験でも始めやすい仕事と言えるでしょう。他には、カスタマーサービスの仕事も同じように日本人を相手にコミュニケーションを取る仕事がメインであるため、最初の採用のハードルは比較的低いです。

でも、タイに来てまで日本語しか使わない仕事で、”ずっと長く続けられるの?キャリアアップや成長はできるの?” という疑問を抱く方もいると思います。

しかし、海外での経験や語学をなしに、いきなり海外でバリバリ外国人と働くという機会はなかなか得ることができません。なので経験やスキル、語学力に自信がない方は、まず未経験でも検討してもらいやすい仕事をしっかりと選択肢を増やし、「日本から海外に出てスタートラインに立つこと」が重要です。まずはタイ/海外で仕事をする経験を積みながら、スキルや語学力を身につけて行くのがいいステップでしょう。

>>詳しくは以下の記事で説明しています。この記事の最後にもリンクを貼っておきます>>
【タイ就職マニュアル】オススメの業界・職種を解説

 

タイ移住を実現するための仕事の見つけ方

では、スタートラインに立つために、実際にどうやって仕事を見つければ良いのか。

結論「転職エージェントを使い倒すこと」が一番有効な手段です。もちろん転職エージェントを使わずに就職することも可能です。しかしタイや海外の場合、より転職エージェントを “使う意味” が大きくなってきます。

これはなぜか?タイや海外の場合、就職に関する情報を、日本から一人で集めるのはとても難しいですよね。というのも、日本国内での転職であれば、調べようと思った際にすでに知っている会社も多く、会社の口コミサイトなどもあるので判断がしやすく、自分で調べたり人に紹介してもらって応募したりするのも十分可能です。しかしタイの場合、入社前や渡航前に入手できる情報には限界があります。ネットにも転がっていないですし、生の体験談を聞くことも難しいからです。

ですので、もうこれは普段から現地にいて就職事情に詳しいプロである転職エージェントと話すのが、情報を収集する上では有効です。ここが日本よりも転職エージェントを使う必要性の高いポイントです。「仕事を単なる紹介してくれる人」ではなく、「二人三脚で海外就職を実現するためのガイド役」と捉えて、有効に活用することが大事です。

 

タイでの転職活動の進め方は?

① まず求人サイト・転職エージェントに登録

ここでは「現地に拠点のある転職エージェント」に登録することをオススメします。

RGF Thailand、アデコタイランド、JAC Recruitment など

 
公開求人情報を見てイメージをつかむ

次に、求人サイトや現地の転職エージェントが公開している求人を見て、どんな仕事があるのか把握しましょう。


個別に求人を紹介してもらう

実はネット上に公開されている求人が全てではなく、ちゃんと人を選んで紹介する「非公開求人」もありますので、実際にエージェントのコンサルタントと面談して、希望にあった求人を紹介してもらいましょう。

>>タイ就職の流れに関しては以下の記事で詳しく説明しています>>
【タイ就職マニュアル】転職活動の流れと気をつけるポイント

.

タイで働く際にオススメの仕事内容はこちらの記事で>>>

リョータ

タイ・バンコク在住。海外(アジア)在住歴は5年目。20代で4カ国勤務を経験。
新卒でIT企業に就職後、インドのムンバイへ1年間のトレーニー派遣を経験。激しいインドの洗礼を乗り越え日本へ帰還するも、モヤモヤを抱える日々。悩んだ末にアジア就職を果たし、戦略コンサルティング企業にて、タイ&ベトナムに約3年間勤務。現在は海外就職/キャリアについて発信する傍ら、 アデコタイランドにて就職・キャリア支援も行う。
自身の経験をベースに、真っ直ぐ・本音で向き合うことをモットーとしている。

具体的に仕事を見つけたい場合​

また、もし既にタイ就職を具体的に検討していて実際に求人紹介をご希望の際は、キャリアコンサルタントとしてご要望に合わせてオーダーメイドの求人リストを作成しご紹介することも可能です。また履歴書の添削、面接対策等にも力を入れていますので、お気軽にお問い合わせください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA